ロングライドTips

1年でSRを獲得したアキの、ロングライド機材選び方

blog_thumbnail

ロングライドって、「楽しいけど疲れる」とか「体がしんどい」とか、そういうイメージの方多いと思います。

僕もそうでしたが、ロングライドを初めて1年と少し。
色々と試行錯誤することで、ほとんどそれらは無くすことが出来ました。

もちろん自分の努力も必要ですが、機材に頼れる所は頼ってしまいましょうよ!笑

このブログを書いている人:アキ

2022/4にCanyon Endurace 購入

・好き:知らない土地へのロングライド
・苦手:ヒルクライム, 向かい風
・実績:納車1年でブルベSR達成

文量が多いです。要点は太字でまとめております。

最重要:ネガティブを潰す

yamanaka-ko富士山周辺は夏でも涼しかったです。

より速くとか、よりエアロとかは、要らない

ロングライドの目的は、風景や現地を楽しむことです(断言)。
そのために、速く走ることは優先度低いです(断言)。
エアロ?そんな巡航速度出しますか?(出しません)

なので、より高みを目指すようなエアロ性能や10g単位で削っていく軽量化は、あるに越したことは無いんでしょうが、優先順位は低めです。
そういったポジティブな改善は、ロングライドでは必須ではありません。
(やってはいけないとは言ってないです。)

最後まで笑顔で楽しく乗ることが第一

じゃあ何が大事なのって話ですよね。
楽しめる余裕を持つことです。

先程も書いた通り、ロングライドの目的は風景や現地を楽しむことです(断定)。
それなのに体中痛かったり足も攣っちゃったりしてたら本末転倒なんですよ。
目的地や家に帰るまで、楽しく乗ることがとても大切なんです。

そのためにはとにかく、痛みや疲れの原因のようなネガティブを潰すことが大切です。

3大手法と具体策

bandaiazuma福島県の磐梯吾妻スカイラインにて。絶景。

では、僕が思う大事なことを挙げていきます!
お金もかかりますし他に大事なこだわりもあると思いますので、全てでなくても少しでもご参考いただければと思います。

①振動を減らす

振動好きな人いますか?いませんよね?笑
単純に疲れるし、力が入ってしまうことで肩こりや腰の痛みにも繋がりますしね。
減らしましょう。

カーボン化

カーボンは正義です。
いいですか。
カーボンは正義です。

アルミロードにもちゃんと乗ったことがありますが、カーボンとは本当に体への負担が段違いです。

余談ですが、一般的にカメラの三脚もカーボンの方がいいと言われています。
振動が少ないからです。
ぶれぶれになってしまった写真や動画なんて、使い物にならなくなってしまいますからね。

フレーム、ホイール、ステム、シートポスト、ハンドル、などなど色々ありますが、優先順位を決めて徐々に変えていくことをおすすめします。
腕や上半身が辛ければ、ステムやハンドルを
お尻がしんどければ、シートポストを
などですね。

タイヤを低気圧に

低気圧は正義です。
いいですか。
低気圧は正義です。

カーボン化、高いですよね。
けどこっちは安いです。
しかも安いのに、僕の体感ですが、カーボン化と同じくらいの効果があります。

ただご存知だとは思いますが、ある程度の低気圧化にはチューブレス運用が前提となってしまいます。
クリンチャーと比べると面倒くさい印象のあるチューブレスですが、一回やってしまえば別に大した面倒はないです。

パンクした時も慣れればクリンチャーとそんなに変わらないですし、そもそもリスクはめちゃくちゃ低くなるし、何より乗り心地が非常に快適になります。
クリンチャーに戻すこともできますので、まだやったことなければ是非試してみてください。
価値はあると思います。

Canyon Enduraceをチューブレスレディ化!タイヤはCORSA N.EXT(コルサ・ネクスト)ロードバイク歴4ヶ月弱にして、初のカスタム!チューブレスレディ化しました~~ 正直、する前はよく分からないこと多かったですし、勿論不安...

②痛みを予防する

痛くなるところと言ったら、お尻、肩、手のひらなどですよね。
楽しいですか?痛み。
我慢せずに、頼っていきましょう。

有料フィッティング

何を言ってもまずはこれです。
合わないポジションで何時間も何十時間も同じ姿勢を取り続けることは、単なる拷問です。
出力も上がりますしね。まずやるべきことの一つだと思います。

ロングライド系初心者の優先課金先ああ、5億円くらい降ってこないかなぁ。 謙虚に8,000万円くらいでも、いいのになぁ。 はぁ笑 なんで僕はこんなにお金...

僕は過去2回、有料フィッティングを受けました。
是非その内容は下記記事にて見ていただきたいのです。
結論は、高いけどそれだけの価値はある。でした。

thumbnail_rxbike
RX BIKE-フィッティングレポートRX BIKEさんにてフィッティングを受けてきました。 結論、サイクリングをスポーツとして楽しんでいる方にはめちゃくちゃおすすめです。...
ACTIVIKEトータルフィッティング レポート 行ってきました!矢野口・ACTIVIKEのフィッティングへ! 形のある商品ならまだしも、サービスそのものにお金を払うっ...

自分に合うサドルを見つける

ロングライドで困ることランキング第1位じゃないでしょうか。
お尻の痛みは本当に困ったものです。

これに関しては色々と解決策はあると思うのですが、機材に頼るという意味では自分に合うサドルを見付ける以上の策は無いと思います。
つまり、自分の坐骨幅に合ったサドルを見付けるということですね。

saddle-sizehttps://www.specialized-onlinestore.jp/shop/pages/saddle_finder.aspx

僕も詳しく分かっている訳では決して無いのですが、SPECIALIZEDの場合上の表を見ると、坐骨幅によってサドルは4サイズに分かれるそうです。
(BLACKとREDは別シリーズのため8サイズではない。)
それだけデリケートな問題なんだと思います。

その上でどんな形のサドルが合うかは人それぞれになってしまうのですが、僕はミラーサドルを購入しました。
詳細は以下記事にまとめているのでこちらでの言及は避けますが、ネット上でもネガティブな評判は一切聞きません。
是非下のツイートのリプ欄も見てほしいです。

結論、買いです。

https://life-cycling.com/why-bought-mirrorsaddle/https://life-cycling.com/sworks-mirrorsaddle/

https://life-cycling.com/why-bought-mirrorsaddle/https://life-cycling.com/sworks-mirrorsaddle/

肩こりの予防

僕はロードバイク始めた頃、肩こりからくる痛みが本当に辛かったです。
同じような悩みの方にも、何人か会ったことがあります。

これに関してはかなり僕自身思い入れが深く、長くなってしまいますので是非こちらをどうぞ。
ブルベ600を走っても肩こりがほぼ起きなくなったノウハウをすべて詰めています。

blog_thumbnail
ロングライド中の肩凝り/肩の痛みを軽減させる4つの方法ロングライドすると、肩凝り激痛に悩まされる方、いませんでしょうか…? 僕はもう本当にそれが苦痛でした。 足よりも、腰よりも、どこ...

手のひらの痛みや痺れの予防

肩こりやお尻の痛みに比べると、個人的には苦労した記憶はないのですが困っている方も多いと聞きます。
それに関しても、こちらにて詳しくまとめておりますので、困っている方は是非。

blog_thumbnail
ロングライド中の手のひら痺れ/痛みを軽減させる3つの方法何時間も自転車に乗っていれば手が痛くなるのは当たり前です。 僕も最初の頃は乗っていると段々と痺れというか痛みというか、そんな症状が出て...

以上が痛みを予防する手法でした。
せっかくのサイクリングなので、是非諸々試して痛みを少なくしてみてください。
一つずつで大丈夫です。

③身軽にする

ロングライド(旅行)だからと言って、たくさん荷物を持つと自爆します。
いろんな考えがあると思いますが、荷物は最低限、かつ、快適な持ち方で行くべきですよ。
何かあったら輪行で帰っちゃえばいいんですよ!

荷物を減らす

たまに、ブルベ等で荷物盛り盛りな人を見かけます。
200kmなのに、でっかいサドルバッグにライトやサイコンもそれぞれ3つずつとか。

本当にいりますか?笑
どれだけの確率で使いますか?笑

無駄装備は単なる重りです。
「何かあったら」という考えは分かりますが、それが起きる確率はどれくらいですか?
その数%、もしくは小数点未満の確率のために重りをくくりつけて走るのは…効率が悪いです。

本当に必要なものを厳選すべきです。

blog_thumbnail
ブルベ装備一覧・200km編200kmという距離、ブルベの特殊なルール、気温や天候の変化、などなど、本当に不安なことって多いですよね。 だからこそ荷物は増えてしま...
blog_thumbnail
ブルベ装備一覧・300km編300km編です。 300kmとなると、ほぼほぼ全員が暗闇を走ることになります。 そうなるともちろん脚力も必要ですが、それと同等にメ...
blog_thumbnail
ブルベ装備一覧・400km編400km編です。 400kmとなると、制限時間は27時間。 多くの方が24時間前後、丸一日走ることになります。 未知過ぎます...
blog_thumbnail
ブルベ装備一覧・600km編(ドロップバッグ)ブルベ装備、600km編です。 つまり、1泊2日です! とは言え持ち物に関しては、、400kmとそんなに変わらないんですよ笑 ...

バックポケットやリュックは極力使わない

さて、荷物の厳選は完了しました。
次は持ち運び方にも注意しましょう。

いちばん大切なことは、自身の体への負荷は極力減らすべきということです。

ちょっとのライドなら問題なくても、数十時間のロングライドともなるとそれだけ負担は蓄積されていきます。
重量が増えることによって、手のひらの痺れ, 肩こり, 腰の痛み, などなどに繋がります。

極力荷物は、自転車に持ってもらいましょう。

使うバッグの種類

じゃあどういった方法で自転車に持ってもらうか。
僕の考えでは、こういった優先順位で使うといいと思います。

○優先度 高
・トップチューブバッグ
・フレームバッグ
・トップチューブ下

×優先度 低
・サドルバッグ
・ハンドルバーバッグ
・ハンドルポーチ, ステムポーチ

何故かというと、個人的に以下の3つが大切だと思っておりまして、その結果です。

 ・空気抵抗の少なさ
 ・低重心
 ・使いやすさ

空気抵抗は言わずもがなですよね。
スピードを争う競技ではありませんが、何十時間も走るとなるとバカにできません。

重心は、高くしてもいいことはありません。
バランス取りづらくなりますからね。
出来るだけ低重心でいきたいです。

使いやすさも勿論大切です。
乗車したまま使うのか、降りた時に使うのか、などなど複合的に考える必要ありますね。
ただ、これはかなり個人差があります。
少しくらい空気抵抗が増えても少しくらい重心が上がっても、ハンドルバーバッグには替えがたい使いやすさがあります。
その辺りは難しいですが、個々人の価値観が大きく現れる所かなと思います。

ただ一つ必ず言えることは、「ケチって安いものは使うな」です。
たとえ小さいストレスだとしても(繰り返しになりますが)数十時間経つと大きな物になります!

blog_thumbnail
ボトルケージの増やし方と意外なメリット自転車の積載量を増やす時の選択肢の一つとして、ダウンチューブ下にボトルケージを増やすというものがあると思います。 意外とやっている方少...

まとめ

以上が、僕が考え抜いたロングライドの機材選びです。
ご意見やつっこみも多数あるとは思いますが、真逆のことを言う方は少ないのではないしょうか。

一つずつ取り入れることで、しんどかったロングライドが少しずつ楽に楽しくなっていくはずです。
リンクを貼りました参考記事も是非ご一読ください。

ロングライド、いきましょ!

umiいきなりこういう景色に出会えるから、ブルベはやめられない。
blog_thumbnail
【走行編】Coast-to-Coast自己最長、かつ、一番楽しいライドであったCoast to Coast(通称CtoC)について、走行ログをまとめました。 人気や知名度は...
blog_thumbnail
【ブルベ参加レポ】BRM610千葉400KM茨城半周今週末、AJ千葉さんのBRM610千葉400KM茨城半周に参加をして参りました。 自信初の400km、初の雨の可能性ありということもあ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA